Johnnysについて語るそれだけのブログ

嵐は絶対的に好き。関ジャニ∞もたぶんそうなる。NEWSとJUMPと山PとKAT-TUNも好き。Johnnys好き。

第1章 嵐ファンへの道③

②の続きとなります!

 

 

母が嵐を借りてきた!!!

 

家にMDがありました。

手書きで"嵐"と書いてありました。

うちの車ではいつも

サクラ咲ケ〜5×10

がかかっていました。

 

Disc1は聞きませんでした。

我が家は、知らない曲を聴いてもつまらない。という考えの"Mステ観ません系の家"でしたから。

 

知らない曲もありました。

知ってる曲もありました。

サクラ咲ケ、聴いたことあったけど、これ嵐の歌だったんだ。最後の曲、ごかけるじゅう?なんの歌だろう。ん?これって"嵐について"の曲なのかな?あ、10周年!10周年ってテレビで言ってたなぁ。だから、ごかけるじゅう なんだ!

 

 

 

私は一回だけ、宿題くんを見たことがあります。深夜、たまたまです。嵐がおっきい箱囲んで、おじさんが「嵐の宿題くん、始まるよ!」

 

なんだこれ。いつもやってるのかな?

あ!12時過ぎてる!寝ないと!

 

 

あれが伝説的に超面白い番組だと知ったのは、もうそれが終わってからのこと。

 

 

いつも通り、志村どうぶつ園からエンタの神様まで見ていたときでした。

えー!エンタの神様終わっちゃうのー!

しかし、

後番組は「嵐にしやがれ」だった。

 

この時の嵐はすごかった。ファン活動してない私でもそう思ったくらい。テレビにはいつも嵐がいた。録画はしていなかったが、私はあの記念番組をしっかりと見た。ハワイでデビューしたこと、リーダーはじゃんけんで決まったこと、嵐のいろんなことを知った。

 

怪物くんは妹も好きだった。

その流れで無事映画を見ることもできた。

 

番組がしやがれになっても我が家は23時まで4チャンがついていた。

 

小学校を卒業する前、友達が家に来た。母がなぜそうしたのかはわかりません。やっぱり少し嵐が好きだったのでしょうか?それとも私の為?部屋でその嵐のコピーしたMDを流し始めました。

友A「この曲名なんだっけ?」

私「Happinessだよ。」

友B「意外。りな(私)って嵐とか聞くんだね!」

 

 

 

中学生になりました。

あの嫌な嵐ファン集団は私立に行きました。

 

身体測定待ってるときです。友達が何かを歌いながら、(どこかで聴いたことある、確か嵐の新曲だろう。)話しかけて来た。

友「りなちゃん嵐知ってる?」

私「あ、うん。ちょっと前の曲なら。」

友「Happinessとか?」

私「うん。知ってる。」

 

 

 

しかし!!

私は中学でもカミングアウトしないのです。

 

そう。

第2のジャニーズ集団が現れたから。

そして、部活に打ち込んだから。

 

ひみつの嵐ちゃんが木曜22時だということを特定した。vs嵐と同じく、さりげなく6チャンにした。8時までvs嵐を観て、そのままアンビリバボーが始まるので9時の番組が始まる前か終わってすぐに、さりげなく変えなくてはいけなかった。

 

マネキンで翔くんがダサいことも知った。笑

録画してないことが後悔だが、ミッキーの回も俺千葉もリアタイすることができた。

 

土曜日、塾があった。22時までだった。

母が迎えにきて、スーパーに寄りたいと言った。私はいいよと言ったが、

母「あ、テレビ観たかった?」

あの時からバレてたのだろうか。

 

謎ディも観た。

なんと妹が観たいと言ってくれたのだ。

もちろん目的は櫻井翔ではなく、ミステリーが好きだからということなのだが。

 

また奇跡が起きた。

妹が新体操で使う曲が「Lφve Rainbow」だというのだ。なんと次の年は「Face Down

私は二曲もフル尺で覚えることができた。

 

 

家族ゲーム

これもまた、OA当日まであることすら知らなかった。塾から帰ると家族が何かドラマを観ていた。なんと!櫻井翔が出ているではないか!そういえば昨日、何かの番組で言ってたっけ?ドラマのことだったのか。

 

1話観てはまった。

 

あのクイズショウのときと同じ感覚だった。夢中になった。次が早く観たくてたまらなかった。水曜日の塾は22時まで。厳密にいうと21時50分には終わった。私は自転車を全力で漕いだ。

 

謎ディの映画を観たことを最後に少し嵐から離れてる時期があった。

 

受験‥‥‥と言いたいところだが、

 

塾と学校以外ではほとんど勉強しない受験生だった私がはまったもの。SPEC。連続ドラマを見返し、SPドラマ、映画全て観た。そしてリーガルハイ。あ、この人KAT-TUN の人だ。

 

この時の他のジャニーズの認識状況としましては、友達がチャンカパーナ歌ってた。でもNEWS の曲だと知らなかった。KAT-TUN は亀梨くんのいるところでしょ?Hey!Say!JUMPは山田くんの所。SexyZone?あぁあの新しい。

 

ぐらいだったと思うんだよね。すっごく曖昧。

あ、関ジャニ∞はしやがれに来てたから知ってた。ここら辺についてはまた後ほど。

 

そしてここら辺で我が家のテレビが新しくなった。番組表で嵐がMステに出るという情報を見つけた。

 

私は、にわか から ファンへ変わっていく。

 

 

次回 第1章完結です!

第1章 嵐ファンへの道②

①の続きです!

 

 

 

 

さぁこのようにして櫻井翔に惚れた私。

 

ここからの記憶は私の中で大変曖昧になってます。あえて整理せず、ごちゃごちゃのまま書きたいと思います。

 

あれ?この番組の方が先じゃない?

 

みたいなことがあると思います。

あえてそう書いてるのでご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

嵐という存在を認識した私。

その中の櫻井翔が気になっていました。

 

しかし私はそれを胸にしまい込みました。

その理由は2つ。

 

ひとつめは"Mステ観ません系の家"であったこと。今思えば、別に、普通に言ってCDとか買ってもらえばよかったのになぁと思います。でもまぁなんか恥ずかしかったんですよね。

「あなたもこういうのが好きな歳なのね。」

みたいに言われるのが。

 

2つめは、クラスにいたジャニヲタ集団。

彼女たちは今もファンを続けているのだろうか。そうは思えない。おそらく顔ファン、流れで好きって言ってただけだと思う。そして怖かった。マジカッコいいー!を1日に何回も言い、嵐をわるく言われると本気で怒る。そして普通に問題児だった。

おまけに私は超絶陰キャラの友達少なっ!みたいな人間だったので、私も嵐好き!とは到底言えなかった。

 

そんなこんなで、自分自身に

「私は嵐なんて興味ないもん!」

と言い聞かせてたんだとおもいます。たぶん。

 

ですが嵐はどんどん大きくなっていきます。

 

うちはバラエティはよく見る家でしたので。

お昼とゴールデンタイムはいつもテレビがついていました。ドラマも母が見るのもはついてました。驚きの嵐、ひみあら、VS、魔王、スマイル‥‥

 

当時はもちろんスマホもないですし、

録画機能の使い方も知りませんでしたから、

嵐が出てる番組を観る!というよりも、

家族で観ているテレビに嵐が出てきたら、

やった!

という感じでした。

 

 

ヤッターマン

 

翔くんが宣伝でテレビにいっぱい出てる。

 

観たい。観に行きたい。

 

でも、めったに映画観たいなんて言わない私が急にヤッターマン観たいなんて言ったら、

「翔くん好きなの?」

ってことになりかねない。

それは絶対ダメだ。

 

まだ友達と映画に行ったことはなかった。

家族と行くしかない。

 

しかし嵐が好きということは、

私にとって、絶対に誰にもバレてはいけいけないことになっていた。なんとなく恥ずかしいような、なんというか。今から思えば意味不ですけどね。

 

だから私は考えた。

MXでアニメのヤッターマンをやっていた。

 

「そうだ!」

 

 

夕方、数週間ほどの間は毎週、

ヤッターマンをつけた。

ヤッターマンを見てることを家族にアピールした。そして、

 

「今度映画でやるみたいなんだけど、観に行きたいなぁ」

 

カッコよかった。

やっぱり櫻井翔はイケメンだった。

 

 

木曜19時テレビを観ていた。

この番組は終わるみたいだ。

後番組の宣伝が流れる。

「ん?VS嵐?嵐?」

あの何回か観たことあるけど、いつやってるかいまいちわかんなかったやつ。

でも来週からこの時間にやるの??

 

母も妹もテレビを観てなかった。

うちではいつも木曜19時は8チャン観てた。

もくようび。しちじ。はっちゃん。

 

それから私は木曜の18時半ごろになるとさりげなーくチャンネルを変えました。8に。でも嵐が好きということはバレてはいけない。(←だからなんで)だから、CM中とかにしれっと変えられちゃう時もありました。

「変えないで!」

そんなことは言えません。

 

もくようしちじ。

 

これは私にとっての小さな戦いでした。

 

今思うと何やってんだか

 

って感じですね!

 

紅白に初出場するらしい。

ワイドショーで、「嵐って初なんですね!」

って言われてる。

嵐ってそんなにすごいんだ。と思った。

 

本当に運がよかった。

ガキ使と紅白を順番に観ていた。

あ、ヤッターマンの歌だ。

え?Beleiveって翔くんが作った歌なの?

まぁいいか。

 

今思うと、家族もそれなりに嵐に興味があったのだろうか。嵐が歌ってる間、誰も4チャンに変えなかった。

 

 

 

 

ザ・クイズショウ再放送

 

あれは小6の頃だっただろうか。

リアルタイムでも見ていたはずだ。

うちは土曜19時からはエンタの神様が終わるまでずっと4チャンなんだから。

 

でも、出かけてたり、お風呂はいってたりで見てないことも多かった。

 

夕方のニュースが始まる前、16時台。

日テレには再放送枠があった。

 

15時10分に授業が終わり、

学校で宿題を終わらせて急いで帰った。

 

元々この再放送枠の放送はいつも楽しみにしていた。だから家族に嵐が好きであることがバレてはいけない問題については気にしていなかった。

 

というより、これは櫻井翔が出ていたから観たかったのではない。2話から観たと記憶しているが、この話の続きが気になって仕方なかった。

翔くんカッコいい!ということは一度もなかった。ただ、神山悟と本間俊雄、新田美咲の物語に感動した。最終回ではすごく泣いた。12歳で話がわかっていたのだろうか。でも、すごく泣いた。

 

もちろん神山悟が櫻井翔だということは知っていた。でも、本間俊雄がジャニーズの人だなんて、私はまだ"関ジャニ∞"という名前すら知らなかった。

 

 

 

私はどれだけ驚いただろう。

 

 

 

 

母が5×10を借りてきたときに。

 

 ③へ続きます。

 

第1章 嵐ファンへの道①

私がどのようにして、ジャニーズファンになったのかを記してみました。自分記憶用でもあります。

 

〜ジャニーズファンになるまで〜

 

第1章は嵐ファンになるまで。

 

ちょっと長いですが、暇なときに読んでみてください!

 

また、本当は好きだけど、まだ一歩踏み出せないという方!嵐さん以外のグループのファンの方でも楽しめると思います!

 

超個人的な話で、私が書きたいから書いてるだけなんですけど。笑

 

また、

 

うちの娘がジャニーズジャニーズうるさくて困ってんだけど。

 

なんで姉ちゃんあんなにジャニーズ好きなのかな?

 

 

って方も読んでみてください!

 

 

 

それでは!

 

↓↓↓↓↓

私の家はアイドル、音楽については本当に疎い家でした。ドラえもん、しんちゃんを観てもMステが始まるとお母さんがチャンネルを変えてしまいました。そんな家でしたので、おそらく初めて知ったj-popは世界に一つだけの花だったと思います。とはいえそれも、幼稚園で歌ったから知っていたのであって、それがSMAPさんの歌であると知るのはだいぶあとのことです。

 

小学校に入って、たまごっちは買いました。ラブ&ベリーもやりました。ただj-popは聞かなかった。というより、聞く機会がありませんでした。しかし、学校というのは素晴らしい場所です。小学校1年生、青春アミーゴを歌って踊りました。正直「野ブタ。」の記憶はありません。母は「あんた当時観てたよ」というのですが、記憶にございません。修二と彰亀梨和也山下智久だということはおろか、ジャニーズという文化も知りませんでした。ですが、みんなが歌い踊っていた。私は初めて言いました。

「CDが欲しい。」

父が買ってくれました。お兄ちゃん2人がキメ顔してるジャケットのCDはなんだか恥ずかしかったのを覚えてます。

 

しかしこの「青春アミーゴ購入してた問題」(※後に触れます。)は皆さんご存知2005年の修二と彰ブームに乗ったというか流されただけで、これがジャニヲタの始まりとなった訳ではありません。

 

そしてもうひとつ。

同時期にはあの「花より男子」があった訳です。私はしっかり覚えてます。

昇降口で女子何人かが金曜日に「今日花男だよね?」というか会話をしてたのを。

漢字の習い初めで、

「"男子"は"だんご"と読まない!」

と言い張る男子と、

「"だんご"とも読む!」と言い張る女子が

教室で言い争ってたのを。

 

「修二派?彰派?」

「道明寺派?類派?」

「タッキー?翼くん?」

「ラブ?ベリー?」

「たまごっち何色?」

 

当時の会話はほとんどこれでした。

 

しかしもちろん7歳。

当時花男を観ていた記憶など一切ございません。よってここもジャニヲタの始まりではありません。

 

私は小2の時に東京へ来ました。

新しい家で花男2を観た記憶はうっすらあります。学校で友達が"花男の歌"を歌ってました。

友「嵐、知ってる?」

私「知らなーい」

 

 

3年生になりました。

山田太郎ものがたり」の宣伝VTRが流れました。お昼のワイドショーだったでしょうか。外は明るかったです。2人のお兄さんが白いブレザーを来て笑ってます。

 

かっこいい‥‥‥‥

 

こういう人をかっこいいっていうんだ。

 

こういう人をイケメンっていうんだ。

 

隣の人よりこの人の方が全然かっこよくない?

 

というか、かっこいいのこの人だけじゃない?

 

(ホントごめんなさい。

当時はそう思ってしまったんです!!)

 

 

 

 

はい。小学3年生、8歳の私は、

生まれて初めて、胸キュンした訳です。

 

 

 

 

櫻井翔に。

 

 

その時は、

その人だけが私の中でかっこいい人だったのです。

 

 

曖昧ですが、やまたろのOAが始まる頃でしょうか。

この人は櫻井翔という人で、

隣にいた二宮和也という人と、

あの道明寺の人と、

あと2人、ん?この人志村どうぶつ園のひと?

その5人で「嵐」なんだと。

 

あの「Love so sweet」を歌ってたのも、

嵐なんだと。

 

ジャニーズというひとかたまりも、漠然と認識しました。SMAPもそのひとつなんだと。イケメンの人の集まりなんだと。ほんとに漠然と。

 

正直、イケメンなのは翔くんだけ

 

そう思ってしまいました。

 

やまたろを観ていても、

御村くんの方が絶対いい!

なんて思ってました。

 

あの櫻井翔を見た瞬間が私のジャニヲタの始まりだったと、今思い返すとそうなります。

 

今では、あの時なぜ二宮和也をかっこいいと思わなかったのか疑問です。中学生の頃再放送で見返しましたし、その時は勿論どっちにもキュンキュンしました。花男も。

 

どれだけ他のジャニーズに出会っても、

永遠の自担である櫻井翔

中身も全部もはや尊敬に値している翔さんですが、顔がきっかけで好きになったのは翔くんだけなのです。

 

これが私のジャニヲタの始まりだったと思われる出来事です。

 

先に言っておきますが、

今では相葉ちゃんも、潤くんも、にのも、智くんもカッコいいと思うし、大好きです。

 

 

櫻井翔顔ファンである私が、

どのようにして嵐ファンになっていったのか、

 

そして、

 

"Mステ観ません系の家"での

家族へのカミングアウト!

 

について、お送りします。

 

 

ここまで読んだなら次も読んで!

お願い!!

ここまでだと悪いファンになっちゃってるし、

他メンのアンチみたいになっちゃってるから!

最後まで、せめて次まで読んだら、

ちゃんとしたファンだってわかるから!!